Constants/ja

From Lazarus wiki
Jump to: navigation, search

English (en) français (fr) 日本語 (ja) 한국어 (ko) русский (ru) 中文(中国大陆)‎ (zh_CN)

1C - 定数 (著者: Tao Yue, 状態:オリジナルのまま)

定数は識別子によって参照され、プログラムの最初にひとつの値に割り当てられる。定数に割り当てられ値は変更できない。

定数はプログラムの定数セクションで定義される。

const
  Identifier1 = value;
  Identifier2 = value;
  Identifier3 = value;

たとえば、様々なデータタイプ(文字列型、文字型、整数型、実数型、論理型)の定数を定義してみよう。これらのデータイプについては次のセクションでさらに説明する。

const
  Name = 'Tao Yue';
  FirstLetter = 'a';
  Year = 1997;
  pi = 3.1415926535897932;
  UsingNCSAMosaic = TRUE;

Pascal では文字型はシングルクォート、あるいはアポストロフィで囲む。これはダブルクォーテーションやヒアドキュメント記法(heredoc)を許すより新しい言語とは対照的である。標準的な Pascal は文字や文字列を示すのにダブルクォーテーションを用いないし、またそれは許されていない。

定数はプログラムを通して使われるが、将来変更するかもしれない値を定義するのに便利である。すべての値を変更する代わりに、ただ定数の定義を変更すればよいのである。

タイプ化された定数は、特定のデータ・タイプの定数と限定される。たとえば、以下の例では整数値12の代わりに実数値12.0を含む定数が作られる。

const
  a : real = 12;
previous contents next