Creating a Backtrace with GDB/ja

From Free Pascal wiki
Jump to: navigation, search

Deutsch (de) English (en) français (fr) 日本語 (ja) português (pt)

日本語版メニュー
メインページ - Lazarus Documentation日本語版 - 翻訳ノート - 日本語障害情報

なぜバックトレースを作るのか

バグレポートの作成

バグレポートを作るときに、バックトレースは非常に役立つことがあります。それらは間違いなく、バグがより速くフィックスされる可能性を高めるでしょう。

自分で問題を発見するのを助ける

バックトレースはあなた自身のプログラムに関する問題を見つけやすくします。しばしば早い段階で、問題を暴露します。

まさしく明瞭な楽しみ!!

バックトレースを作ることは単純に楽しいです!

もっとも真剣にあなたが、バックトレースを作成する他の理由を持っているのなら、ここにそれを加えてください。

バックトレースを作成する

GDB (Gnu DeBugger)を使ってバックトレースを作成するには:

  1. あなたは GDBというプログラムを持っている必要があります。これは多くのUNIX系列のOSにインストールされていますし、もしあなたがLazarusやfpcのWindowsバージョンをダウンロードしてあるなら、GDBはすでに同時にインストールされているでしょう。Lazarus上で規定のデバッガを設定してください。メニューを Environment->Debugger Optionsと辿って、General Tabを見てください。Windows用のGDBなら、初期設定のパスはc:\lazarus\mingw\bin\gdb.exeとなっているはずです。
  1. GDBは環境変数PATHに含まれている必要があります。もしそうでないなら、次の例を参考にコマンドプロンプトでタイプしてください。: set PATH=%PATH%;c:\lazarus\mingw\bin\
  1. プログラムのデバッグを行うためにはかならず、実行ファイルにデバッグ情報が含まれていなければなりません。もしあなたが"strip", "upx", "Xs" といった実行ファイル圧縮プログラムを使用していると、デバッグは行えません。

Windows

1. MS-DOSプロンプトを開いてください。

2. あなたの実行ファイルがあるドライブに移動します:

C: {press enter}

3. 実行ファイルがあるディレクトリに移動します:

cd \myprograms\Project1 {press enter}

4. GDBを使ってあなたのプログラムをロードします:

gdb Project1.exe {press enter}


Linux/BSD

1. あなたのお気に入りの端末プログラムを起動してください

2. 実行ファイルのあるディレクトリに移動します:

cd $HOME/myprograms/project1 {press enter}

3. GDBを使ってあなたのプログラムをロードします:

gdb project1 {press enter}


Mac OS X

Mac OS X: GUIアプリケーション

1. もしまだ行ってないなら、まずアプリケーションバンドルを作ります (Project / Project Options / Application / Create Application Bundle)

2. 好きな端末エミュレータ(訳注: 標準の Terminal.app でも大丈夫です)を起動します。

3. アプリケーションバンドルが存在するディレクトリに移動します:

cd $HOME/myprograms/project1 {press enter}

4. プログラムを GDB を使ってロードします:

gdb project1.app/Contents/MacOS/project1 {press enter}

Mac OS X: GUIではない、コマンドラインプログラム

1. 好きな端末エミュレータ(訳注: 標準の Terminal.app でも大丈夫です)を起動します。

2. 実行ファイルが存在するディレクトリに移動します:

cd $HOME/myprograms/project1 {press enter}

3. プログラムを GDB を使ってロードします:

gdb project1 {press enter}

あなたは次のようなプロンプトを目にするはずです:

GNU gdb 6.3.50.20050217-cvs
Copyright 2004 Free Software Foundation, Inc.
GDB is free software, covered by the GNU General Public License, and you are
welcome to change it and/or distribute copies of it under certain conditions.
Type "show copying" to see the conditions.
There is absolutely no warranty for GDB.  Type "show warranty" for details.
This GDB was configured as "i686-pc-linux-gnu".
(gdb) _

例外が発生している場合GDBは停止しています

(gdb) break fpc_raiseexception {press enter}

それではあなたのプログラムを実行します:

(gdb) run {press enter}

クラッシュするか、エラーが発生するまで、貴方のプログラムは通常どおり動作するでしょう。

あなたのプログラムが通常のエラー、「アクセス違反」や「ゼロ除算」によってクラッシュすると、プログラムは停止し、反応がなくなり、描画も行われなくなります。これはGDBがエラーを検出して、あなたがどうすればいいか指示してくれるのを待っているからです。

MS-DOSウィンドウかターミナルに切替えていると、このようなスクリーンが表示されるはずです。

Program received signal SIGFPE, Arithmetic exception.
0x080733aa in TFORM1__BUTTON1CLICK (SENDER=0x403d8bd8, this=0x403d77d8) at unit1.pas:36
Current language:  auto; currently pascal
(gdb) _

バックトレースを作成するために:

backtrace {press enter}

もしくは

bt {press enter}

というようにタイプしてください。

続いて、このようにスクリーンに表示されます。

#0  0x080733aa in TFORM1__BUTTON1CLICK (SENDER=0x403d8bd8, this=0x403d77d8) at unit1.pas:36
#1  0x080ecd78 in TCONTROL__CLICK (this=0x403d8bd8) at control.inc:1768
#2  0x081274bd in TBUTTONCONTROL__CLICK (this=0x403d8bd8) at buttoncontrol.inc:57
#3  0x08129171 in TCUSTOMBUTTON__CLICK (this=0x403d8bd8) at buttons.inc:186
#4  0x08129198 in TCUSTOMBUTTON__WMDEFAULTCLICKED (MESSAGE={MSG = 1031, WPARAM = 
        136821192, LPARAM = -1073747812, RESULT = 1075866658, WPARAMLO = 47560, 
        WPARAMHI = 2087, LPARAMLO = 59548, LPARAMHI = 49151, RESULTLO = 27682, RESULTHI = 16416}, 
        this=0x403d8bd8) at buttons.inc:198
#5  0x0805bbf7 in SYSTEM_TOBJECT_$__DISPATCH$formal ()
#6  0x080ec6e0 in TCONTROL__WNDPROC (THEMESSAGE={MSG = 1031, WPARAM = 136821192, 
        LPARAM = -1073747812, RESULT = 1075866658, WPARAMLO = 47560, WPARAMHI = 2087, 
        LPARAMLO = 59548,  PARAMHI = 49151, RESULTLO = 27682, RESULTHI = 16416}, 
        this=0x403d8bd8) at control.inc:1447 
#7  0x080e4ed9 in TWINCONTROL__WNDPROC (MESSAGE={MSG = 1031, WPARAM = 136821192, 
        LPARAM = -1073747812, RESULT = 1075866658, WPARAMLO = 47560, WPARAMHI = 2087, 
        LPARAMLO = 59548,  PARAMHI = 49151, RESULTLO = 27682, RESULTHI = 16416}, 
        this=0x403d8bd8) at wincontrol.inc:2154
#8  0x08161955 in DELIVERMESSAGE (TARGET=0x403d8bd8, AMESSAGE=void) at gtkproc.inc:3242
#9  0x0818897c in GTKWSBUTTON_CLICKED (AWIDGET=0x8285380, AINFO=0x40453794) at gtkwsbuttons.pp:112
... { Truncated for simplicity} Complete listing here
(gdb) _

注意: もしバックトレースが長い場合、あなたがプロンプト上でEnterキーを押せば次のページが表示されます。全てが表示されるまでそのように続きます。

表示された情報にはエラーが発生するまでのイベントのシークエンスが表示されています。 Understanding a Backtrace

GDB(とあなたのプログラム)から抜けるためには次のようにタイプしてください:

quit {press enter}

処理を続けるならば次のようにタイプしてください:

cont {press enter}

ヒント:自分のプログラムを走らせているとき、すばやくGDBに処理を移すには、Ctrl+CをターミナルやMS-DOSプロンプト上で押してください

端末の外部やメールからバックトレースを取得する

現在ターミナル(またはMS-DOSプロンプト)に出力されたバックトレースをメールに取り込むにはどうしたら良いでしょうか。それにはわたしの知る限り以下の二つの方法があります。

  1. ターミナル(またはMS-DOSプロンプト)上でコピー&ペーストを行う。
  2. 次のようにしてgdbの出力をリダイレクトする:
gdb project1 > output.txt

そしてこのファイルを開いてコピー&ペーストであなたのメールに取り込みます。 

警告: 2番目の方法はあなたが真っ暗闇の中でタイプすることを必要とします。すなわち、あなたはスクリーンに何も表示されていない状態で、プログラムを走らせるために「run」をタイプし、バックトレースを作成するために「backtrace」をタイプしなければなりません。

例外: Linuxでは以下のコマンドを用いることによってコマンドを参照しながら行うことが可能です。

touch output.txt & tail output.txt -f & gdb project1 > output.txt

Understanding a Backtrace

TODO: Write Me :)

(gdb) bt
#0  0x080733aa in TFORM1__BUTTON1CLICK (SENDER=0x403d8bd8, this=0x403d77d8) at unit1.pas:36
#1  0x080ecd78 in TCONTROL__CLICK (this=0x403d8bd8) at control.inc:1768
#2  0x081274bd in TBUTTONCONTROL__CLICK (this=0x403d8bd8) at buttoncontrol.inc:57
#3  0x08129171 in TCUSTOMBUTTON__CLICK (this=0x403d8bd8) at buttons.inc:186
#4  0x08129198 in TCUSTOMBUTTON__WMDEFAULTCLICKED (MESSAGE={MSG = 1031, WPARAM = 136821192, 
        LPARAM = -1073747812, RESULT = 1075866658, WPARAMLO = 47560, WPARAMHI = 2087, 
        LPARAMLO = 59548, LPARAMHI = 49151, RESULTLO = 27682, RESULTHI = 16416}, 
        this=0x403d8bd8) at buttons.inc:198
#5  0x0805bbf7 in SYSTEM_TOBJECT_$__DISPATCH$formal ()
#6  0x080ec6e0 in TCONTROL__WNDPROC (THEMESSAGE={MSG = 1031, WPARAM = 136821192, 
        LPARAM = -1073747812, RESULT = 1075866658, WPARAMLO = 47560, WPARAMHI = 2087, 
        LPARAMLO = 59548, LPARAMHI = 49151, RESULTLO = 27682, RESULTHI = 16416}, 
        this=0x403d8bd8) at control.inc:1447
#7  0x080e4ed9 in TWINCONTROL__WNDPROC (MESSAGE={MSG = 1031, WPARAM = 136821192, 
        LPARAM = -1073747812, RESULT = 1075866658, WPARAMLO = 47560, WPARAMHI = 2087, 
        LPARAMLO = 59548, LPARAMHI = 49151, RESULTLO = 27682, RESULTHI =   16416},
        this=0x403d8bd8) at wincontrol.inc:2154
#8  0x08161955 in DELIVERMESSAGE (TARGET=0x403d8bd8, AMESSAGE=void) at gtkproc.inc:3242
#9  0x0818897c in GTKWSBUTTON_CLICKED (AWIDGET=0x8285380, AINFO=0x40453794) at gtkwsbuttons.pp:112
#10 0x401d7877 in gtk_marshal_NONE__NONE () from /usr/lib/libgtk-1.2.so.0
#11 0x40206e5a in gtk_signal_remove_emission_hook () from /usr/lib/libgtk-1.2.so.0
#12 0x4020616a in gtk_signal_set_funcs () from /usr/lib/libgtk-1.2.so.0
#13 0x40204234 in gtk_signal_emit () from /usr/lib/libgtk-1.2.so.0
#14 0x40176e1c in gtk_button_clicked () from /usr/lib/libgtk-1.2.so.0
#15 0x4017838a in gtk_button_get_relief () from /usr/lib/libgtk-1.2.so.0
#16 0x401d7877 in gtk_marshal_NONE__NONE () from /usr/lib/libgtk-1.2.so.0
#17 0x4020607b in gtk_signal_set_funcs () from /usr/lib/libgtk-1.2.so.0
#18 0x40204234 in gtk_signal_emit () from /usr/lib/libgtk-1.2.so.0
#19 0x40176d60 in gtk_button_released () from /usr/lib/libgtk-1.2.so.0
#20 0x40177d26 in gtk_button_get_relief () from /usr/lib/libgtk-1.2.so.0
#21 0x401d764d in gtk_marshal_BOOL__POINTER () from /usr/lib/libgtk-1.2.so.0
#22 0x4020619f in gtk_signal_set_funcs () from /usr/lib/libgtk-1.2.so.0
#23 0x40204234 in gtk_signal_emit () from /usr/lib/libgtk-1.2.so.0
#24 0x40239fd9 in gtk_widget_event () from /usr/lib/libgtk-1.2.so.0
#25 0x401d74d0 in gtk_propagate_event () from /usr/lib/libgtk-1.2.so.0
#26 0x401d65c1 in gtk_main_do_event () from /usr/lib/libgtk-1.2.so.0
#27 0x40065b44 in gdk_wm_protocols_filter () from /usr/lib/libgdk-1.2.so.0
#28 0x4003de75 in g_get_current_time () from /usr/lib/libglib-1.2.so.0
#29 0x4003e32c in g_get_current_time () from /usr/lib/libglib-1.2.so.0
#30 0x4003e4f5 in g_main_iteration () from /usr/lib/libglib-1.2.so.0
#31 0x401d6388 in gtk_main_iteration_do () from /usr/lib/libgtk-1.2.so.0
#32 0x080b4d26 in TGTKWIDGETSET__WAITMESSAGE (this=0x40473014) at gtkobject.inc:1427
#33 0x08070073 in TAPPLICATION__IDLE (this=0x4045b014) at application.inc:319
#34 0x08070ffb in TAPPLICATION__HANDLEMESSAGE (this=0x4045b014) at application.inc:827
#35 0x08071380 in RUNMESSAGE (parentfp=0xbffff5a4) at application.inc:933
#36 0x080712d7 in TAPPLICATION__RUN (this=0x4045b014) at application.inc:944
#37 0x080531c3 in main () at project1.lpr:13
(gdb)

This Backtrace was produced using this code:

30. procedure TForm1.Button1Click(Sender: TObject);
31. var
32.  X, Y, Z: Integer;
33. begin
34.   X := 0;
35.   Y := 0;
36.   Z := X div Y;
37. end;