Extending the IDE/ja

From Free Pascal wiki
Jump to: navigation, search

Deutsch (de) English (en) español (es) français (fr) 日本語 (ja) русский (ru) slovenčina (sk) 中文(中国大陆)‎ (zh_CN)

日本語版メニュー
メインページ - Lazarus Documentation日本語版 - 翻訳ノート - 日本語障害情報

IDEを拡張する

概要

IDEはいくつかのプラグインをサポートしています。

コンポーネント 
コンポーネントパレット上にアイコンとして現れます。と問えば、TButtonはボタンを作るのに使われます。
コンポーネントエディタ 
コンポーネントエディタはコンポーネントを設計時にダブルクリックしたり、設計時にコンポーネント上で右クリックで表示されるポップアップメニューにいくつかの項目を追加するときに使われます。
プロパティエディタ 
オブジェクトインスペクタの行で使われます。
エキスパート 
その他の全てです。


Lazarusに独自のプラグインを追加するには、2つの方法があります。

  1. パッケージを書く方法, 自分でプラグインを書いて、そのユニットの'Register'手続きを使います。
  1. Lazarusのコードを拡張して、差分をlazarusのメーリングリストへ送る方法。

コンポーネントを作成する

ToDo Hint: Create a new component via the package editor.

コンポーネントエディタを作成する

ToDo Hint: see componenteditors.pas for examples

プロパティエディタを作成する

ToDo Hint: see propedits.pp for examples

イベントハンドラを登録する

IDEにはいくつかのイベントがあり、それに対してプラグインは独自のハンドラを追加することができます。propedits.pp で、"GlobalDesignHook"オブジェクトがあります。これは、設計時のイベントを管理します。各々のイベントはハンドラーのリストを呼び出します。デフォルトのハンドラーはIDEから追加されています。あなたは独自のハンドラを、AddHandlerXXXやRemoveHandlerXXX手続きを使って登録できます。それらは、デフォルトのハンドラの前に呼び出されます。

例:

 独自のハンドラを追加します。(通常、あなたが作成したオブジェクトのコンストラクタでおこないます。):
   GlobalDesignHook.AddHandlerComponentAdded(@YourOnComponentAdded);
 独自のハンドラを取り除きます:
   GlobalDesignHook.RemoveHandlerComponentAdded(@YourOnComponentAdded);
 すべてのハンドラを一度に削除することもできます。たとえば、次の行をオブジェクトのデストラクタに追加するのも良いでしょう。:
   GlobalDesignHook.RemoveAllHandlersForObject(Self);

GlobalDesignHookのハンドラです:


 // lookup root
 ChangeLookupRoot
   Called when the "LookupRoot" changed.
   The "LookupRoot" is the owner object of the currently selected components.
   Normally this is a TForm.
// methods CreateMethod GetMethodName GetMethods MethodExists RenameMethod ShowMethod Called MethodFromAncestor ChainCall
// components GetComponent GetComponentName GetComponentNames GetRootClassName ComponentRenamed Called when a component was renamed ComponentAdded Called when a new component was added to the LookupRoot ComponentDeleting Called before a component is freed. DeleteComponent Called by the IDE to delete a component. GetSelectedComponents Get the current selection of components.
// persistent objects GetObject GetObjectName GetObjectNames
// modifing Modified Revert RefreshPropertyValues

ソースのヘルプを追加する

THelpDatabaseを最初に作りましょう:

 HelpDB:=TFPDocHTMLHelpDatabase(
    HelpDatabases.CreateHelpDatabase('ANameOfYourChoiceForTheDatabase',
                                            TFPDocHTMLHelpDatabase,true));
 HelpDB.DefaultBaseURL:='http://your.help.org/';
 FPDocNode:=THelpNode.CreateURL(HelpDB,
                  'Package1 - A new package',
                  'file://index.html');
 HelpDB.TOCNode:=THelpNode.Create(HelpDB,FPDocNode);// once as TOC
 DirectoryItem:=THelpDBISourceDirectory.Create(FPDocNode,'$(PkgDir)/lcl',
                                 '*.pp;*.pas',false);// and once as normal page
 HelpDB.RegisterItem(DirectoryItem);

最初の製作者と変更

This page has been converted from the epikwiki version.

This document was authored by Mattias Gaertner Initial import and formatted for Lazarus-CCR - VlxAdmin 9/26/2003