Howto Use TSaveDialog/ja

From Free Pascal wiki
Jump to: navigation, search

Deutsch (de) English (en) español (es) suomi (fi) français (fr) 日本語 (ja) polski (pl) русский (ru) slovenčina (sk)

日本語版メニュー
メインページ - Lazarus Documentation日本語版 - 翻訳ノート - 日本語障害情報

TSaveDialog の使い方

tsavedialog.png

簡単な説明:

1. SaveDialogをFormに配置します。(アイコンは実行時には表示されませんので、Form上のどこにおいても大丈夫です。)

 Component Palette Dialogs.png
 (SaveDialogは「Dialog」タブの左から2番目)

2. memoをformに配置します。

tmemo.png


3. buttonをformに配置します。

tbutton.png

オブジェクトインスペクタに Button1のプロパティが表示されるので, 'Caption'を'Save'に変更します。 オブジェクトインスペクタのイベントタブをクリックし、OnClick の右側のボックスをクリックしてください。 3つのドット(...)が表示されたさらに小さいboxが表れますので、クリックすると自動的にソースエディタのコーディングするべき場所にカーソルが移動します。

4. 下記を参考にコーディングします。

 procedure TForm1.Button1Click( Sender: TObject );
 begin
   if SaveDialog1.Execute then
    Memo1.Lines.SaveToFile( SaveDialog1.Filename );
 end;

Execute メソッドによりファイルを保存するダイアログが表示されます。 ファイルが選ばれたときはtrueが返値となり、キャンセルしたときはfalseが返値となります。

Filename プロパティは、ドライブ名とパスを含んだファイル名(ファイルへのフルパス) を返り値とします。

関連項目