IDE Window: Make ResourceString/ja

From Free Pascal wiki
Jump to: navigation, search

Deutsch (de) English (en) français (fr) 日本語 (ja)

リソース文字列作成 ツールは、ある文字列定数をリソース文字列に変換する手助けをします。

リソース文字列への変換例

例 1: フォームのcaptionをリソース文字列とする

resourcestring セクションを宣言部に追加します。例えば 'implementation' のすぐ上のあたりに以下を追加してみましょう。(ここでは、文字列定数を 'Some text' とします。)

resourcestring
   rsSomeText = 'Some text';

FormCreateイベントを生成し、次の行を追加して下さい:

Caption:='An example caption';

文字列 'An example caption' をリソース文字列に変換します。 変換したい文字列定数の一部を選択するか、その上(つまり2つの 'の間のどこか)にカーソルを移動してください。 次に、ツール -> リソース文字列作成 を実行してください。

ダイアログが表示されます。 識別子の接頭辞が 'rs' となっていることを確認してください。 自動的に、新しい識別子 'rsAnExampleCaption' が提案されます。 プレビューでは次のように表示されます。

  Caption:=rsAnExampleCaption;
-----------------------------------------------------------
rsAnExampleCaption = 'An example caption'   

'OK' をクリックすることで、文字列 'An example caption' がリソース文字列 'rsAnExampleCaption' に置き換わります。

resourcestring セクションには、下記のようにリソース文字列が追加されます。

resourcestring
   rsSomeText = 'Some text';
   rsAnExampleCap = 'An example caption';    

リソース文字列作成後は、[Getting_translation_strings_right/ja#IDE内の リソース文字列|IDE内のリソース文字列] などを参考に、簡単な翻訳への手段を実行できます。

例 2 : 複雑な文字列定数

変数や関数からなる複雑な文字列式の変換には、Format 関数が使用されます。 例えば、

Caption:='Left='+IntToStr(Left)+' Top='+IntToStr(Top);

を 例 1 同様に FormCreate イベントに追加し、 'Left から Top); の間にカーソルを置いて、ツール -> リソース文字列作成 を実行してください。 ソースプレビューでは、次の表示となり、

Caption:=Format(rsLeftTop, [IntToStr(Left), IntToStr(Top)]);

新しいリソース文字列は

rsLeftTop = 'Left=%s Top=%s'      

となります。 このFormat関数はSysUtilsユニットで定義されています。ユニットのuses節にまだSysUtilsが含まれていない場合は追加して下さい。


リソース文字列作成の変換オプション

カスタム識別子

識別子を自動作成する代わりに、手動で作成できます。

識別子の接頭語

新しい識別子を自動的に作成する場合、新しい識別子は接頭語+文字列定数の形になります。同じ値のリソース文字列が存在する場合、古い識別子が提案されます。(訳注:意味不明。SomeTextを2回作ってみると、2回目はreSomeText2が提案された。) IDEはユニット毎の接頭語を記憶するため、現在のユニットで最後に用いられた接頭語が始めに選択されます。

識別子の長さ

自動的に作成される識別子の最大長です。

リソース文字列セクション

このコンボボックスは、スコープ内の全てのユニットで使用できる全てのリソース文字列セクションを含んでいます。 つまり、現在のユニットの全てのセクションに、用いられているユニットの宣言部にある全てのセクションを加えたものということです。

同じ値の文字列

このコンボボックスは、新しいリソース文字列と同じ値を持つ全てのリソース文字列識別子を表示します。それらの一つを用いたい場合に、ここで選択できます。

リソース文字列セクションへの追加位置

作成した新しい識別子を、リソース文字列セクションのどこに挿入するかを設定します。

  • セクションに追加 - 新しい識別子をセクションの末尾に追加します。
  • アルファベット順に挿入 - 新しい識別子をアルファベット順となるように挿入します。
  • 状況感知的に挿入 - 現在のコード位置の前後でリソース文字列識別子を探します。見つけたら新しい識別子はそこに挿入され、見つからなければセクションの末尾に追加されます。

ソースプレビュー

破線の上側に、変換後に文字列定数がどう置き換わるかを示します。 破線の下側に、リソース文字列を示します。

ソース内の文字列定数

現在の(変換前の)ソースコードを示します。