Programming Assignment/ja

From Free Pascal wiki
Jump to: navigation, search

Deutsch (de) English (en) français (fr) 日本語 (ja) 한국어 (ko) русский (ru) 中文(中国大陆)‎ (zh_CN)

1H - 練習問題 (著者: Tao Yue, 状態: 原文のまま修正なし)

さて、どう変数を使い、その値を変えるかを学んだ。最初のプログラミング課題をこなす準備はできただろうか?

しかし、ひとつ小さな問題がある。データをディスプレイにどう表示させるかを学んではいないということである。すべての情報がメモリーに保存されていてディスプレイに表示されていないとしたら、プログラムが動いたのかどうかを、どう知ることができるだろうか、それは無理である。

そこで、プログラミングを始めるために後のレッスンからの断片をここに示した。データを表示するためには、以下を使えばよい。

writeln (引数リスト);

引数リストはコンマで区切られた文字列か変数からなる。以下は例である。

writeln ('Sum = ', sum);

1章の練習問題は以下である。

5つの整数の合計と平均を求めなさい。合計は整数になるはずだし、平均は実数になるだろう。5つの数字は 45, 7, 68, 2, そして 34である。

プログラムで扱われる整数を示すために定数を用いなさい。たとえば、値5を持つ定数を定義しなさい。

その後で全てを表示させなさい。出力は以下のように表示させること。

Number of integers = 5
Number1 = 45
Number2 = 7
Number3 = 68
Number4 = 2
Number5 = 34
Sum = 156
Average = 3.1200000000E+01

見てわかるように、実数のデフォルトの出力方法は科学的表記である。2章でそれを固定小数点表記にフォーマットする方法を説明する。

練習問題の解答例をみるには、次のページに進みなさい。

previous contents next