Standard Pascal/ja

From Lazarus wiki
Jump to: navigation, search

العربية (ar) Deutsch (de) English (en) español (es) français (fr) Bahasa Indonesia (id) 日本語 (ja) português (pt) русский (ru) 中文(中国大陆)‎ (zh_CN)

標準Pascalとは、Pascal コンパイラPascal言語に対応するための最小限の仕様です。標準コンパイラでは、以下のキーワード(予約語)に対応します。:

begin · end · for · goto · if · label · repeat · then · until · while · do · type · var

以下の演算子も、仕様の一部です。:

:= (代入) · = (等しい) · > (より大きい) · < (より小さい) <> (等しくない)

また、以下のキーワードも追加されます。これらは標準Pascalの一部でありませんが、FPCでは、オブジェクトの実装や、C++から発展した例外処理との互換性、また、Borland Pascalや初期のPascalコンパイラと互換性を取るために使用します。:

implementation · finally · try · unit.

データ型

標準のデータ型は以下のとおりです。:

integer · smallint · longint · real · boolean · string · char · byte

Free Pascal がサポートするモード

Free Pascal は、-Miso のモードスイッチで ISO 7185 標準パスカル に、-Mextendedpascal で ISO/IEC 10206 拡張パスカル に対応します。. version 3.0.0. 以降では、ISO 7185 への対応も始まりました。

外部リンク