TButton/ja

From Free Pascal wiki
Jump to: navigation, search

Deutsch (de) English (en) español (es) suomi (fi) français (fr) 日本語 (ja) русский (ru)

日本語版メニュー
メインページ - Lazarus Documentation日本語版 - 翻訳ノート - 日本語障害情報

>> LCL Components >> TButton

このページでは、TButton コンポーネントの使い方を説明します。
(以下の記述で「○○をクリック」とあればそれは左クリックのことです。右クリックの場合はそのように記述します。)

IDE上の表示

「TButoon」 は「Standard」 タブの4番目のコントロールであり 「"OK"のある四角い押しボタン」 のアイコンで表示されています。

TButtonStandardpalette.png

使い方

TButtonTForm におけるもっとも基本的なコントロールです。 ボタンをマウスでクリックすることで(または[Tab]キーを押してボタンが選択された状態にして[Enter]キーで押すことで)、何らかのアクションが実行されます。 この 「ボタンをクリックすること」 を 「イベント」 と呼びます。 クリック後に何かしらの処理をするためには、 「イベントハンドラ(イベントの処理方法)」 を記述する必要があります。

「ボタン」 コントロールをフォームに追加するには、 Standard/ja コンポーネントパレットの左から4番目の TButton ("OK" と書かれた四角形のボタン) を押して選択し、ボタンを配置したいフォームの上でクリックしてください。

マウスクリックに対するイベントハンドラは、フォーム上に置いたボタンをダブルクリックすることで (または、オブジェクトインスペクタの「イベント」タブから、OnClick というイベントを選択することで) 簡単に作ることができます。 Form1フォーム上のButton1 のイベントハンドラは、以下のような記述になります。:

procedure TForm1.Button1Click(Sender: TObject);
begin
 
end;

次に、beginend の間に、Button1 をクリックしたときの処理を書きましょう。


ほとんどすべての初心者用チュートリアルで、 Lazarus を用いた オブジェクト指向プログラミング の手始めとして TButtons が使われています。
以下に示すチュートリアルもボタンの使い方を理解するためにおすすめです。:

簡単な例

  • メニューの新規プロジェクトからアプリケーションを選択し、表示されたフォーム上に TButton を置きます。
  • フォーム上に置いた Button1 をダブルクリックしてください。( Button1 のためのデフォルトのイベントハンドラである OnClick が生成され、ソースエディタが開きます。)
  • イベントハンドラとして以下のコードを追加します。:
procedure TForm1.Button1Click(Sender: TObject);
begin
  ShowMessage('Lazarus のおかげでよい一日だ。');  //ボタンを押すと、左に書いた文字列がメッセージダイアログで表示されます。
end;
  • プログラムを実行しましょう。(<F9>キーを押してください。)

ボタンの自動生成

ときにはボタン(や他のコンポーネント)を Lazarus のフォームデザイナから作るのではなく、プログラム実行時に、動的に生成する方が簡単な場合があります。この方法は特にフォームにボタンを連続して配置する必要があるときに役立ちます。

以下の例でその方法を学びましょう。(簡単な計算機のアプリです):

  • メニューの新規プロジェクトからアプリケーションを選択し、新しい Form1 からなる まっさらな GUI アプリケーション を作ってください。 そして、 Use 宣言部StdCtrls を追加します。( TButton コンポーネントは StdCtrls パッケージに含まれるため。)
  • Form1 の OnCreate イベントハンドラを作ります。(オブジェクトインスペクタの「イベント」タブから OnCreate を探して、 [...] ボタンをクリックしてください。)
  • 以下のコードを追加します。:
procedure TForm1.FormCreate(Sender: TObject);
var
  i: Integer;
  aButton: TButton;
begin
  for i:=0 to 9 do begin              // 以下を 10回繰り返し、ボタンを 10個作ります。
    aButton:=TButton.Create(Self);    // TButtonコントロールを生成します。 所有者(オーナー)は、ボタンを生成する場所である Form1 とします。
    aButton.Parent:=Self;             // ボタンをどこに表示するかを決めます。(親コントロールは Form1 とします)
    aButton.Width:=aButton.Height;    // ボタンの幅をボタンの高さと同じにします。
    aButton.Left:=i*aButton.Width;    // ボタンの左端の位置を設定します。
    aButton.Caption:=IntToStr(i);     // ボタンのキャプション(0~9)を設定します。
    aButton.OnClick:=@aButtonClick;   // ボタンを押したときのイベントハンドラを設定します。 -> イベントハンドラはこの後で作成します。
  end;
  Self.Height:=aButton.Height;        // フォームの高さをボタンの高さと同じにします。
  Self.Width:=aButton.Width*10;       // フォームの幅を、ボタン10個の幅の合計と同じにします。
end;
  • つぎにボタンを押したときのイベントハンドラを作成する必要があります。
  • ソースエディタから TForm1 クラス の private 部を探します。
  • procedure aButtonClick(Sender: TObject); を追加して [CTRL] + [Shift] + [c] キーを押してください。 コード補完機能が働き TForm1.aButtonClick(Sender: TObject); プロシージャが生成されます。
  • aButtonClick プロシージャに以下のコードを追加します。:
procedure TForm1.aButtonClick(Sender: TObject);
const
  Cnt: Integer = 0;
var
  i: Integer;
begin
  if (Sender is TButton)                            // aButtonClick プロシージャを呼び出したのが TButton のイベントハンドラかどうか?
  and TryStrToInt(TButton(Sender).Caption, i) then  //   同時に、押したボタンのキャプションを整数値に変換できるかどうか?
    begin
      Cnt:=Cnt + i;                                 // 合計値カウンター に 押されたボタンのキャプションの値を追加します。
      Caption:='合計: '+IntToStr(Cnt);               // 合計値をフォームのキャプションに表示します。
    end;
end;
  • プログラムを実行しましょう。
Note-icon.png

Note: 設置したボタンには、あなたが考えるどんなイベントハンドラでも設定できます。 そのイベントハンドラが <class>.<プロシージャ名>(Sender: TObject); のプロシージャの形を持つ限り。 このようにして、他のクラスからでもボタンを使うことができます。

日本語訳にあたっての追加

  • 日本語訳は 2016年5月 に作成し、 Windows8.1、64bit、Lazarus v1.6 でのコードの動作を確認しました。
  • コードが動作しない場合、 コードが下記(動作を確認したコード)のようになっているか確認してください。
unit Unit1;
 
{$mode objfpc}{$H+}
 
interface
 
uses
  Classes, SysUtils, FileUtil, Forms, Controls, Graphics, Dialogs, StdCtrls;
 
type
 
  { TForm1 }
 
  TForm1 = class(TForm)
    procedure FormCreate(Sender: TObject);
  private
    { private declarations }
    procedure aButtonClick(Sender: TObject);
  public
    { public declarations }
  end;
 
var
  Form1: TForm1;
 
implementation
 
{$R *.lfm}
 
{ TForm1 }
 
procedure TForm1.FormCreate(Sender: TObject);
var
  i: Integer;
  aButton: TButton;
begin
  for i:=0 to 9 do begin              // 以下を 10回繰り返し、ボタンを 10個作ります。
    aButton:=TButton.Create(Self);    // TButtonコントロールを生成します。 所有者(オーナー)は、ボタンを生成する場所である Form1 とします。
    aButton.Parent:=Self;             // ボタンをどこに表示するかを決めます。(親コントロールは Form1 とします)
    aButton.Width:=aButton.Height;    // ボタンの幅をボタンの高さと同じにします。
    aButton.Left:=i*aButton.Width;    // ボタンの左端の位置を設定します。
    aButton.Caption:=IntToStr(i);     // ボタンのキャプション(0~9)を設定します。
    aButton.OnClick:=@aButtonClick;   // ボタンを押したときのイベントハンドラを設定します。 -> イベントハンドラはこの後で作成します。
  end;
  Self.Height:=aButton.Height;        // フォームの高さをボタンの高さと同じにします。
  Self.Width:=aButton.Width*10;       // フォームの幅を、ボタン10個の幅の合計と同じにします。
end;
 
procedure TForm1.aButtonClick(Sender: TObject);
const
  Cnt: Integer = 0;
var
  i: Integer;
begin
  if (Sender is TButton)                            // aButtonClick プロシージャが、 TButton のイベントハンドラから呼び出されたか?
  and TryStrToInt(TButton(Sender).Caption, i) then  // それから、押されたボタンのキャプションを整数値に変換できるか?
    begin
      Cnt:=Cnt + i;                                 // 合計値カウンター に 押されたボタンのキャプションの値を追加します。
      Caption:='合計: '+IntToStr(Cnt);               // 合計値をフォームのキャプションに表示します。
    end;
end;
 
end.


以下もご参照ください

TBitBtn/ja
TSpeedButton/ja


Return To: LCL Components  — Previous: TPopupMenu/ja Next: TLabel/ja


LCL Components
Component Tab Components
Standard TMainMenu • TPopupMenu • TButton • TLabel • TEdit • TMemo • TToggleBox • TCheckBox • TRadioButton • TListBox • TComboBox • TScrollBar • TGroupBox • TRadioGroup • TCheckGroup • TPanel • TFrame • TActionList
Additional TBitBtn • TSpeedButton • TStaticText • TImage • TShape • TBevel • TPaintBox • TNotebook • TLabeledEdit • TSplitter • TTrayIcon • TControlBar • TFlowPanel • TMaskEdit • TCheckListBox • TScrollBox • TApplicationProperties • TStringGrid • TDrawGrid • TPairSplitter • TColorBox • TColorListBox • TValueListEditor
Common Controls TTrackBar • TProgressBar • TTreeView • TListView • TStatusBar • TToolBar • TCoolBar • TUpDown • TPageControl • TTabControl • THeaderControl • TImageList • TPopupNotifier • TDateTimePicker
Dialogs TOpenDialog • TSaveDialog • TSelectDirectoryDialog • TColorDialog • TFontDialog • TFindDialog • TReplaceDialog • TOpenPictureDialog • TSavePictureDialog • TCalendarDialog • TCalculatorDialog • TPrinterSetupDialog • TPrintDialog • TPageSetupDialog • TTaskDialog
Data Controls TDBNavigator • TDBText • TDBEdit • TDBMemo • TDBImage • TDBListBox • TDBLookupListBox • TDBComboBox • TDBLookupComboBox • TDBCheckBox • TDBRadioGroup • TDBCalendar • TDBGroupBox • TDBGrid • TDBDateTimePicker
Data Access TDataSource • TBufDataset • TMemDataset • TSdfDataSet • TFixedFormatDataSet • TDbf
System TTimer • TIdleTimer • TLazComponentQueue • THTMLHelpDatabase • THTMLBrowserHelpViewer • TAsyncProcess • TProcessUTF8 • TProcess • TSimpleIPCClient • TSimpleIPCServer • TXMLConfig • TEventLog • TServiceManager • TCHMHelpDatabase • TLHelpConnector
Misc TColorButton • TSpinEdit • TFloatSpinEdit • TArrow • TCalendar • TEditButton • TFileNameEdit • TDirectoryEdit • TDateEdit • TTimeEdit • TCalcEdit • TFileListBox • TFilterComboBox • TComboBoxEx • TCheckComboBox • TButtonPanel • TShellTreeView • TShellListView • TXMLPropStorage • TINIPropStorage • TIDEDialogLayoutStorage • TMRUManager • TStrHolder
LazControls TCheckBoxThemed • TDividerBevel • TExtendedNotebook • TListFilterEdit • TListViewFilterEdit • TTreeFilterEdit • TShortPathEdit • TLvlGraphControl
RTTI TTIEdit • TTIComboBox • TTIButton • TTICheckBox • TTILabel • TTIGroupBox • TTIRadioGroup • TTICheckGroup • TTICheckListBox • TTIListBox • TTIMemo • TTICalendar • TTIImage • TTIFloatSpinEdit • TTISpinEdit • TTITrackBar • TTIProgressBar • TTIMaskEdit • TTIColorButton • TMultiPropertyLink • TTIPropertyGrid • TTIGrid
SQLdb TSQLQuery • TSQLTransaction • TSQLScript • TSQLConnector • TMSSQLConnection • TSybaseConnection • TPQConnection • TPQTEventMonitor • TOracleConnection • TODBCConnection • TMySQL40Connection • TMySQL41Connection • TMySQL50Connection • TMySQL51Connection • TMySQL55Connection • TMySQL56Connection • TSQLite3Connection • TIBConnection • TFBAdmin • TFBEventMonitor • TSQLDBLibraryLoader
Pascal Script TPSScript • TPSScriptDebugger • TPSDllPlugin • TPSImport_Classes • TPSImport_DateUtils • TPSImport_ComObj • TPSImport_DB • TPSImport_Forms • TPSImport_Controls • TPSImport_StdCtrls • TPSCustomPlugin
SynEdit TSynEdit • TSynCompletion • TSynAutoComplete • TSynMacroRecorder • TSynExporterHTML • TSynPluginSyncroEdit • TSynPasSyn • TSynFreePascalSyn • TSynCppSyn • TSynJavaSyn • TSynPerlSyn • TSynHTMLSyn • TSynXMLSyn • TSynLFMSyn • TSynDiffSyn • TSynUNIXShellScriptSyn • TSynCssSyn • TSynPHPSyn • TSynTeXSyn • TSynSQLSyn • TSynPythonSyn • TSynVBSyn • TSynAnySyn • TSynMultiSyn • TSynBatSyn • TSynIniSyn • TSynPoSyn
Chart TChart • TListChartSource • TRandomChartSource • TUserDefinedChartSource • TCalculatedChartSource • TDbChartSource • TChartToolset • TChartAxisTransformations • TChartStyles • TChartLegendPanel • TChartNavScrollBar • TChartNavPanel • TIntervalChartSource • TDateTimeIntervalChartSource • TChartListBox • TChartExtentLink • TChartImageList
IPro TIpFileDataProvider • TIpHttpDataProvider • TIpHtmlPanel


--Michl 12:25, 15 May 2014 (CEST)