Difference between revisions of "Basic Pascal Tutorial/Chapter 1/Constants/ja"

From Free Pascal wiki
Jump to navigationJump to search
m (Kai Burghardt moved page Constants/ja to Basic Pascal Tutorial/Chapter 1/Constants/ja: tidy up main name space: create subpage hierarchy for basic Pascal tutorial [cf. [[Special: PermaLink/149778#Clut...)
m (bypass language bar/categorization template redirect [cf. discussion])
 
(2 intermediate revisions by the same user not shown)
Line 1: Line 1:
{{Constants}}
+
{{Basic Pascal Tutorial/Chapter 1/Constants}}
  
 
1C - 定数 (著者: Tao Yue, 状態:オリジナルのまま)
 
1C - 定数 (著者: Tao Yue, 状態:オリジナルのまま)
Line 32: Line 32:
  
 
{|style=color-backgroud="white" cellspacing="20"
 
{|style=color-backgroud="white" cellspacing="20"
|[[Identifiers/ja|previous]]   
+
|[[Basic Pascal Tutorial/Chapter 1/Identifiers/ja|previous]]   
|[[Contents/ja|contents]]  
+
|[[Basic Pascal Tutorial/Contents/ja|contents]]  
|[[Variables_and_Data_Types/ja|next]]
+
|[[Basic Pascal Tutorial/Chapter 1/Variables and Data Types/ja|next]]
 
|}
 
|}

Latest revision as of 16:16, 20 August 2022

български (bg) Deutsch (de) English (en) français (fr) italiano (it) 日本語 (ja) 한국어 (ko) русский (ru) 中文(中国大陆)‎ (zh_CN)

1C - 定数 (著者: Tao Yue, 状態:オリジナルのまま)

定数は識別子によって参照され、プログラムの最初にひとつの値に割り当てられる。定数に割り当てられ値は変更できない。

定数はプログラムの定数セクションで定義される。

const
  Identifier1 = value;
  Identifier2 = value;
  Identifier3 = value;

たとえば、様々なデータタイプ(文字列型、文字型、整数型、実数型、論理型)の定数を定義してみよう。これらのデータイプについては次のセクションでさらに説明する。

const
  Name = 'Tao Yue';
  FirstLetter = 'a';
  Year = 1997;
  pi = 3.1415926535897932;
  UsingNCSAMosaic = TRUE;

Pascal では文字型はシングルクォート、あるいはアポストロフィで囲む。これはダブルクォーテーションやヒアドキュメント記法(heredoc)を許すより新しい言語とは対照的である。標準的な Pascal は文字や文字列を示すのにダブルクォーテーションを用いないし、またそれは許されていない。

定数はプログラムを通して使われるが、将来変更するかもしれない値を定義するのに便利である。すべての値を変更する代わりに、ただ定数の定義を変更すればよいのである。

タイプ化された定数は、特定のデータ・タイプの定数と限定される。たとえば、以下の例では整数値12の代わりに実数値12.0を含む定数が作られる。

const
  a : real = 12;
previous contents next