Creating A Patch/ja

From Free Pascal wiki
Revision as of 21:18, 25 April 2008 by Valdas (talk | contribs) (導入)

Deutsch (de) English (en) español (es) français (fr) 日本語 (ja) português (pt) русский (ru) slovenčina (sk)

日本語版メニュー
メインページ - Lazarus Documentation日本語版 - 翻訳ノート - 日本語障害情報

導入

ここでは、LazarusをSVNから入手しているものと仮定します。 Getting Lazarus Via SVN

コマンドを開くか、cmdプロンプトなどで、Lazarusのソースのあるディレクトリに移動してください。

Windowsでの導入:

Lazarusの開発環境を C:\lazarus でSVNチェックアウトしたと仮定します。

  1. MS-DOSプロンプトを開いてください。
  2. c: {enterを押す}
  3. cd \lazarus {enterを押す}
  4. svn diff > mypatch.dif {enterを押す}

Linux/BSD、その他での導入:

あなたがLazarusを $HOME/lazarus でSVNチェックアウトしたと仮定します。

  1. 好きなターミナルプログラムを開いて下さい。
  2. cd $HOME {enterを押す}
  3. cd lazarus {enterを押す}
  4. svn diff > mypatch.diff {enterを押す}


注:私はなにかそこにありそうもないものがないかどうか、ファイルを見わたすのも好きです。

パッチを適用するのにおすすめの方法は、bug trackerによる方法です。もし、あなたのパッチを修正したという報告があれば、それを使います。そうでない場合に、新しい問題点の項目を作成します。ファイルをアップロードして、問題点をそれに添付します。

別の方法として、あなたの作ったパッチをzipやgzipで圧縮して、Lazarusメーリングリストにemailすることです。(最大40kBです。)もしくは、パッチ専用メールpatch@lazarus.dommelstein.netへ送って下さい。

これで全てです。

トラブルの解消

ほとんどの場合はWindowsだけでなく、他のプラットホームにも当てはまります。

"svn command not found"(あるいは、似たような)エラーがでたとき

ほとんどの場合、svn.exeが環境変数のPATHにないからでしょう。次のステップでこの問題を解決できます。

  1. スタートメニューのFind Files機能をつかってsvn.exeをおきます。
  2. svn.exeを一旦置いたら、PATHにそのディレクトリを必ず追加します。

たとえば: コマンドプロンプトから次のように打ってください:

  set PATH=%PATH%;"C:\Program Files\TortoiseSVN\"

注意: あなたの環境でのsvn.exeがはいっているディレクトリは、この文書とは違うかもしれません。これはあくまでもサンプルです。

次はオプション的な事項です。

これを恒久的にするには

Windows98以前のWindowsOSでは,上に書いたようなことを、C:\autoexec.batの終わりのほうに書きます。

Windows2000 以降では、ディレクトリをパスに加えるには、:

  1. "マイコンピュータ"を右クリックします。
  2. "プロパティ"を選択します。
  3. "詳細設定" タブを選択します。
  4. "環境変数" ボタンを押します。
  5. "システム変数"の"パス"の最後に、"C:\Program Files\TortoiseSVN\" を加えます。

注意: あなたの環境でのsvn.exeがはいっているディレクトリは、この文書とは違うかもしれません。これはあくまでもサンプルです。

パッチを適用する

パッチを適用するのは簡単です。次のように、--dry-runトグルスイッチを使うことで、パッチをテストすることができます。:


  patch --dry-run < mypatch.diff


パッチプログラムの出力は、実際のパッチと同じになるでしょう。それだけで、ソースコードファイルを変更する必要はありません。ソースをあれこれする必要はなく、テストは簡単です。

最終的なパッチをあてるには、コマンドラインから次のようにします。


  patch < mypatch.diff

もしくは、セパレータを修正するなら:

  patch -p0 < mypatch.diff