Difference between revisions of "Qt Interface/ja"

From Free Pascal wiki
Jump to navigationJump to search
m
Line 34: Line 34:
  
 
=== バインディングのコンパイル ===
 
=== バインディングのコンパイル ===
 +
あなたがGPLでライセンスされたソフトウェアをリリースしようと考えているのなら、自分でバインディングをコンパイルする必要はありません。GPLによってライセンスされたバイナリはDen Jeanのウェブサイトで入手する事ができます。あなたがもし、GPL以外のライセンスでライセンスされたコードをリリースしようと考えているのならば、あなたは商用版のQtを使って自分でバインディングをコンパイルしなければなりません。
  
It is not necessary to compile the bindings yourself if you plan to release a GPL software. GPL Binaries are available on Den Jean website. If you want to release non-GPL code, then you must compile the bindings yourself using the Commercial Edition of Qt.
+
'''ステップ1''' - バインディングのコンパイルを始めるにあたって、必要なすべてのファイルをダウンロードします
  
'''Step 1''' - To start with download all the files needed to compile the bindings.
+
* バインディングのソースコードをダウンロードします。バインディングのオフィシャルウェブサイトに行ってください。リンクは上にあります。
  
* Download the source code of the bindings. Go to the offical website of the bindings. Link above.
+
* 必要とするプラットホーム向けのQt4.1.1のソースコードも入手します。ダウンロードページは[http://www.trolltech.com/download/opensource.html こちら]
  
* Also Download Qt 4.1.1 source code for the desired platform. This is the download page: [http://www.trolltech.com/download/opensource.html]
+
'''ステップ2''' - ダウンロードしたすべてのファイルを解凍します。Qt4.1.1ソースコードのあるディレクトリにはいって次のコマンドを入力します。
 
 
'''Step 2''' - Unpack all the files you downloaded. Enter the directory where you downloaded Qt 4.1.1 source code and use this command:
 
  
 
<pre>
 
<pre>
Line 49: Line 48:
 
</pre>
 
</pre>
  
'''Step 3''' - Go to the directory where you downloaded and extracted qt4pas sources and edit the file compile_lib.bash. Change the path for the Qt 4.1.1 source code.
+
'''ステップ3''' - ダウンロードして展開したqt4pasのソースコードがあるディレクトリにはいって、compile_lib.bashを編集します。パスをQt4.1.1のソースコードがある場所に変更してください。
  
'''Step 4''' - Run the script called compile_lib.bash. Now you should have a file called libqt4intf.so
+
'''ステップ4''' - compile_lib.bashを実行してください。それであなたはlibqt4intf.soと呼ばれるファイルを手に入れる事ができます。
  
 
== Road map for the Qt 4 interface ==
 
== Road map for the Qt 4 interface ==

Revision as of 13:09, 6 August 2006

English (en) español (es) 日本語 (ja)

日本語版メニュー
メインページ - Lazarus Documentation日本語版 - 翻訳ノート - 日本語障害情報

概要

Qt4ウィジェットセットは現在開発段階です。このインターフェイスはQt4.1.1をベースに開発されています。関連するドキュメントはこちら

Linuxにおけるクイックスタートガイド

まず始めにオフィシャルサイトのbindingsを訪れ、バイナリ版のQt bindingsをダウンロードしてください。そしてlibqt4intf.soを/usr/lib/にコピーしてください。

QtでLCLをコンパイルします。最初にノーマルなgtkによってコンパイルされたLazarusを起動して、メニューから"ツール"→"Lazarusのビルドの設定"を選びます。そしてLCLを"clean+build"に、他のものを"none"に設定します。続いて"Qt"を選択し"Ok"ボタンをクリックします。今度は"ツール"→"Lazarusのビルド"を選択します。すると、QtでLCLをコンパイルできます。

プロジェクトをQtでコンパイルするにはターゲットウィジェットセットをコンパイラオプションダイアログで選択してください。

At this moment the Lazarus IDE cannot be compiled for Qt because it uses features missing on this widgetset.

Mac OS Xにおけるクイックスタートガイド

Qt Interface Macをご覧下さい。


PDAやスマートフォンにおけるクイックスタートガイド

誰か書いてください。

Qt 4 バインディング

このインターフェイスはDen Jeanによって作られたQt4バインディングを使用します。このバインディングはQtオブジェクトと手続きのメソッドを出力するC++ライブラリです。このライブラリはLinux上で800kbの大きさがあり、あなたのLCLプログラムが必要とするただ一つの.soファイルで構成されます。

あなたはより詳しい情報をこのバインディングのオフィシャルサイトfpc:Qt4 bindingで探す事ができます。

Is is being reported that it may be possible to link to Qt 4 directly, using some tricks. Many think it is not. This is yet to be tested. It is expected that any such binding will be compatible with the currently utilized one, so the interface code won´t have to be changed.

バインディングのコンパイル

あなたがGPLでライセンスされたソフトウェアをリリースしようと考えているのなら、自分でバインディングをコンパイルする必要はありません。GPLによってライセンスされたバイナリはDen Jeanのウェブサイトで入手する事ができます。あなたがもし、GPL以外のライセンスでライセンスされたコードをリリースしようと考えているのならば、あなたは商用版のQtを使って自分でバインディングをコンパイルしなければなりません。

ステップ1 - バインディングのコンパイルを始めるにあたって、必要なすべてのファイルをダウンロードします

  • バインディングのソースコードをダウンロードします。バインディングのオフィシャルウェブサイトに行ってください。リンクは上にあります。
  • 必要とするプラットホーム向けのQt4.1.1のソースコードも入手します。ダウンロードページはこちら

ステップ2 - ダウンロードしたすべてのファイルを解凍します。Qt4.1.1ソースコードのあるディレクトリにはいって次のコマンドを入力します。

./configure

ステップ3 - ダウンロードして展開したqt4pasのソースコードがあるディレクトリにはいって、compile_lib.bashを編集します。パスをQt4.1.1のソースコードがある場所に変更してください。

ステップ4 - compile_lib.bashを実行してください。それであなたはlibqt4intf.soと呼ばれるファイルを手に入れる事ができます。

Road map for the Qt 4 interface

currently implemented components with their status

Moved here: Road_To_1.0#Widgetset_dependent_components

components scheduled to be implemented

  • TPopUpMenu
  • TBitmap - Needs a description of the internal format used by Qt
  • TPixmap
  • TIcon

currently implemented Windows API functions by group and with status

Mouse functions

SetCursorPos, GetCursorPos for TMouse - Fully working

GDI functions

BeginPaint, GetDC, EndPaint, ReleaseDC, Rectangle, MoveToEx, LineTo, Ellipse for TCanvas and OnPaint event- Fully working

Screen functions

GetSystemMetrics for Screen.Width and Screen.Height - Fully working

Coments

It's really interesting.

Buy if will works also on Win32 OS?

It will work for win32. It's just a question of recompiling the bindings. The code on the widgetset is completely platform independent, so the limiting factors are the bindings and Qt. However, there is little use for this on win32. There already exists a win32 native widgetset, you should use that one on Windows. The same code can be recompiled with any of the existing widgetsets on Lazarus. A more interresting place where this will work is: Linux powered PDAs.

When do you think to can see the Lazarus IDE run full on QT4 Lib?

No idea. If only I work on this, maybe 6 months. If others help, sooner.

When do you think will be possible create full GUI applications using QT4?

No idea. If only I work on this, maybe 6 months. If others help, sooner.

Contributing

How to add a new control

For example TButton.

TButton is defined in lcl/buttons.pp. This is the platform independent part of the LCL, which is used by the normal LCL programmer.

Its widgetset class is in lcl/widgetset/wsbuttons.pp. This is the platform independent base for all widgetsets (qt, carbon, gtk, win32, ...).

Its qt interface class is in lcl/interfaces/qt/qtwsbuttons.pp:

 TQtWSButton = class(TWSButton)
 private
 protected
 public
   class function  CreateHandle(const AWinControl: TWinControl; const AParams: TCreateParams): TLCLIntfHandle; override;
 end;

Every WS class, that actually implements something must be registered. See the initialization section at the end of the qtwsXXX.pp unit:

 RegisterWSComponent(TQtButton, TQtWSButton);

TQtWSButton overrides CreateHandle to create a qt QPushButton. The code is short and should be easily adaptable for other controls like TCheckBox. Remember that all controls on the Qt widgetset have a helper class on qtprivate.pp, and it is also necessary to add a class for the new control. This isn´t difficult.

Also notice that DestroyHandle should be implemented to clean up memory utilized by the control.