Lazarus Database Tutorial/ja

From Free Pascal wiki
Jump to: navigation, search

Deutsch (de) English (en) español (es) français (fr) Bahasa Indonesia (id) italiano (it) 日本語 (ja) Nederlands (nl) português (pt) русский (ru) 中文(中国大陆)‎ (zh_CN) 中文(台灣)‎ (zh_TW)

日本語版メニュー
メインページ - Lazarus Documentation日本語版 - 翻訳ノート - 日本語障害情報

概要

このチュートリアルは、Lazarusでいろいろなデータベースの操作を行うためのものです。 Lazarusでは、いくつかのデータベースを外部的にサポートしています。しかし、それぞれのデータベースにたいして開発者は適切なパッケージをインストールしなくてはなりません。 データベースには、コードを書いたり、フォーム上のコンポーネントをドロップしてアクセスすることができます。データアウェアコンポーネントは、DataSourceプロパティをTDatasetに設定することで、接続し、フィールドに対応して表示することができます。データソースはあるテーブルをあらわし、データベースコンポーネント(たとえば、TPSQLDatabase, TSQLiteDataSet)へDataSetプロパティをとおして接続されます。 データアウェアコンポーネントは、IDE上の"Data Controls"タブ上にあり、データソースとデータベースのコントロールは"Data Access"タブ上にあります。

Lazarus と MySQL

MySQLをLinuxやWindowsで動作させる

MySQL User Manualの指示に従って進めてください。インストール後、mysqldデーモンが動作していることを確認してください。また、セキュリティを保ちうる範囲で、すべての必要なホスト('localhost',ホスト名,ネットワーク上の他のホスト名)から、すべての必要なユーザー(ルート、mysql、あなた自身、他に必要なユーザーを含む)に、必要な権限が与えられているか、確認してください。

ルートを含むすべてのユーザがパスワードを持っているのが、望ましいです。 マニュアルにある例でデータベース・システムの機能をテストしてください。そして、本当にすべてのユーザが信頼できるアクセスができるかチェックしてください。

(訳注:データベースに接続できない場合、プログラムのプロパティの設定が悪い場合もありますが、そもそも、プログラムの前に、インストール、PCの設定、ユーザー、それぞれの権限の設定がきちんとできているか、データベースのサンプルなどであらかじめ確認しておくことが必要です。)

MySQLをFPCのテキストモードで動かしてみよう

例となるフォルダが$(fpcsrcdir)/packages/base/mysql/にあります。 LazarusのIDEで、menu -> Environment Options -> Paths tab -> FPC source directoryにFPCのソースディレクトリがあります。MySQLが置いてある可能性のあるディレクトリは、rpmによるインストールだと、/usr/share/fpcsrc/packages/base/mysql/ Windowsでは C:\lazarus\fpcsrc\packages\base\mysql\です。

このディレクトリには、mysql.pp, mysql_com.pp そして mysql_version.ppがあります。 テストスクリプトを実行する前に、testdbというデータベースを生成する必要があります。 これをおこなうには、MySQL monitorにrootとして、全権限をもってログインして、次のステートメントを発行します。

CREATE DATABASE testdb;

それから、すべて関連しているユーザが適切なアクセス権を持っていることを確認してください。

GRANT ALL ON testdb TO johnny-user IDENTIFIED BY 'johnnyspassword'; 

ここに、いま実行すべきであるmkdbと呼ばれるスクリプトがあります。

sh ./mkdb

システムが、匿名のユーザにデータベースへのアクセスを許可していないとき、これはたぶん失敗するでしょう。 その場合は、エディタをつかって、MySQLがその行を呼び出すように、スクリプトを変更してください。

mysql -u root -p  ${1-testdb} << EOF >/dev/null

そして、再度mkdbを走らせてみます。プロンプトが出たら、パスワードを入力してください。


幸運にも、あなたは何とかテストデータベースを作成したに違いありません。MySQL monitorにログインしている間、 MySQLステートメントを発行して、テストしてください。

select * from FPdev;

そうすると、FPC開発者のID,ユーザー名、電子メールアドレスが表記されているテーブルを見ることができるでしょう。

今度は、testdb.ppというプログラムを実行させてみてください。 (これは、コンパイルしてください。ほとんど最初は失敗するでしょうけど) 私はこのプログラムはいくつかの理由でmysqlに接続できないことを発見しました。

  • 私の環境(SuSE Linux v9.0)で mysql v4.0.15をインストールしました。パッケージが設計されたバージョン3ではありません。
  • プログラムはデータベースにアクセスするためにユーザー名、パスワードが必要です。
  • コンパイラに、どこにmysqlのライブラリを探せばいいか知らせる必要があります。(もしMySQLの開発ライブラリをインストールしていなければ、今インストールしましょう。)

私はオリジナルを修正したくなかったのでtestdb.ppからtrydb.ppと名づけてコピーを作成しました。オリジナルファイルはCVSを使ったアップデートで修正されてしまうからです。

私はさらに、mysql/ver40/というサブディレクトリの中のファイル群を、 メインのmysql/サブディレクトリに、それぞれのファイルの名前が規則性をたもつように、mysql_v4.pp, mysql_com_v4.pp,mysql_version_v4.ppと名前をかえてコピーしました。

私はtrydb.ppのusesを次のように変更しました。

uses mysql_v4

そして、mysql_v4.ppのusesも次のように変更しました。

uses mysql_com_v4

/etc/fpc.cfgに、自分のライブラリを指すように次の行を加えました。

-Fl/lib;/usr/lib

次のステップは、devel-librariesがあなたのためにリンクとしてインストールされている場合、必要ないかもしれませんが、チェックして損はありません。

私は/usr/libディレクトリのmysqlclintライブラリの本当の名前を調べる必要がありました。そして、私の場合、シェルコマンドを発行しました。

ln -s libmysqlclient.so.12.0.0 lmysqlclient

FPCがライブラリを見つけられるよう、シンボリックリンクを生成するために、です。 また、私は次のようなリンクを作成しました。

ln -s libmysqlclient.so.12.0.0 mysqlclient

そして、同じように色々なほかのディレクトリのリンクを設置しました。 厳密には、必要ではないのですが、このケースではそうしました。

他のユーザーでは、次のようなリンクが必要かもしれません。

ln -s libmysqlclient.so.12.0.0 libmysqlclient.so

私はtrydb.ppをユーザーの詳細を含むように修正しました。最初にhost,user,passwordを定数としてもつように。

const
  host : Pchar= 'localhost';
  user : Pchar= 'myusername';
  passwd: Pchar = 'mypassword';

それでも私は、mysql_connect()をコールしても、まだmysqlに接続できないでいました。しかし、より多くのパラメータを必要とするmysql_real_connect()を使うべきだったのです。さらに物事を複雑にしていたのは、多くのパラメータがversion3(パラメータは7個)とversion4(パラメータは8個)の間で変わっているように思えました。

また、mysql_real_connectを使う前に、mysql_init()を使う必要がありました。 これは、オリジナルのmysql.ppにはありませんでしたが、mysql_v4.ppにはあります。

ここまでで、接続するためのコードは次のようになりました。

{ a few extra variables}
var
  alloc : PMYSQL;
 
{main program fragment}
 
begin
 if paramcount=1 then
   begin
   Dummy:=Paramstr(1)+#0;
   DataBase:=@Dummy[1];
   end;
 
Writeln ('Allocating Space...');
 alloc := mysql_init(PMYSQL(@qmysql));
 Write ('Connecting to MySQL...');
 sock :=  mysql_real_connect(alloc, host, user, passwd, database, 0, nil, 0);
 if sock=Nil then
   begin
   Writeln (stderr,'Couldnt connect to MySQL.');
   Writeln (stderr, 'Error was: ', mysql_error(@qmysql));
   halt(1);
   end;
 Writeln ('Done.');
 Writeln ('Connection data:');
{$ifdef Unix}
 writeln ('Mysql_port      : ',mysql_port);
 writeln ('Mysql_unix_port : ',mysql_unix_port);
{$endif}
 writeln ('Host info       : ',mysql_get_host_info(sock));
 writeln ('Server info     : ',mysql_stat(sock));
 writeln ('Client info     : ',mysql_get_client_info);
 
 Writeln ('Selecting Database ',DataBase,'...');
 if mysql_select_db(sock,DataBase) < 0 then
   begin
   Writeln (stderr,'Couldnt select database ',Database);
   Writeln (stderr,mysql_error(sock));
   halt (1);
   end;
{... as original contents of testdb.pp}

それでは、tyrdb.ppのコンパイルを開始する準備はいいですか?

 fpc trydb

成功しました!それでは実行してみましょう。

 ./trydb

おっ!FPC開発者のリストの一覧を得ることができました!

いくつかの、さらなる改善点があります。 ユーザーに関する詳細のエントリを作る時、あるいは、MySQLのコマンドを双方向にしたいとき、定数よりは変数の方がいいでしょう。そして、いくつかの発行したいSQLコマンドに、結果を返さないコマンドでも(full program listingを見てください)ユーザーの詳細情報をコンソールから入力する部分、プログラムがSQLコマンドがコンソールから入力されるループにはいる部分、結果等について、quitがキーボードから入力されるまで、プリントアウトできるようにしてください。

こちらを見てください。Sample Console Listing

LazarusアプリケーションからMySQLへの接続

このチュートリアルでは、基本的なLazarusコンポーネントのみを使って、LazarusでどのようにMySQLに接続するか、そして簡単なクエリを実行するかを示します。 このとき、Data Aware コンポーネントは使いません。しかし、データベースとインターフェースする原理を解説します。

Lazarusで新しいプロジェクトを生成してください。

Project -> New Project -> Application

自動的に生成されたフォームが現れます。 フォームをスクリーンの半分くらいになるように大きくして、フォームの名前とキャプションを、'TryMySQL'としてください。

コンポーネントパレットのStandardのタブから、3つのエディットボックスを、フォームの左上のほうへ置いてください。そして、それぞれのエディットボックスの真上にラベルを置いてください。 ラベルのキャプションを'Host'としてHostLabel,エディットをHostEditとしてください。 同様に、'UserName'としてUserLabel,UserEditとしてください。 同様に、'Password'としてPasswdLabel,PasswdEditとしてください。 これらのかわりに、LabeledEditコンポーネントをAdditionalタブから使うことができます。

PasswdEditを選択して、PasswordCharプロパティを見つけて、これを * か、他のキャラクタにしてください。そうすることで、画面にパスワードをキーボードから入力したときに表示されないように、かわりに、*の文字を表示するようにします。 それぞれのエディットボックスのTextプロパティが空白であることを確認してください。

ここでさらに、もうひとつエディットボックスとラベルを、フォームの右上に置いてください。 ラベルのCaptionを、'Enter SQL Command'に、NameをCommadEditにしてください。

3つのボタンをフォームに置きます。2つは、EditBoxの下の左のほうへ、もう一つは、右のコマンドボックスの下へ置いてください。

左のボタンは、Caption='Connect to Database'、Name='ConnectButton'、もうひとつは、Caption='Exit'、Name='ExitButton'としてください。右のボタンは Caption='Send Query'、Name='QueryButton'としてください。

大きなメモをフォームの右下に貼り付けて、使えるだけのスペースを使って配置して、'Result'と表示してName='ResultMemo'としてください。テキストがあふれたときに自動的にスクロールバーがつくように、ScrollBars='ssAutoBoth'にしてください。また、WordWrap='True'としてください。

Commonコントロールタブから、ステータスバーをフォームの下に置き、SimpleText='TryMySQL'としてください。

このフォームのスクリーンショットを置いておきます。:Mysql Example Screenshot

これで、必要なイベントハンドラを書くことが出来ます。 左にある3つのエディットボックスはホスト名、ユーザ名、パスワードの入力に使います。これらの3つの入力がきちんと終わったら、Connectボタンをクリックします。このボタンのOnClickイベントハンドラは、先ほどのテキストモードのFPCプログラムの一部とほとんど同じです。

データベースからのレスポンスはPascalのwrite文やwriteln文を使って書かれてはいません。しかし、返答はstringsに変換され、Memoに表示されます。Pascalのwriteとwriteln文は沢山の型変換を実行時に行う能力がある一方、Memoを使ってテキストを出力する際に、明確なデータ型変換をstringの正しい形式にすることが必要です。なので、PChar変数はStrPasを使って変換されなければならず、Integer変数はIntToStrを使って変換されなければなりません。

(訳注:Delphiで慣れた方々には当たり前に思えるかもしれませんが、本来、Pascalでの文字列形式出力はwriteやwritelnを使うものであり、それは、実行時に変数の型を明示しなくても、自動的に適切な文字列として表示することができます。)

文字列はMemoに下記のような関数をつかって表示されます。

procedure ShowString (S : string);
(* display a string in a Memo box *)
begin
       trymysqlForm1.ResultsMemo.Lines.Add (S)
end;

Connectボタンのイベントハンドラは次のようにします。

procedure TtrymysqlForm1.ConnectButtonClick(Sender: TObject);
(* Connect to MySQL using user data from Text entry boxes on Main Form *)
var strg: string;
 
begin
 
 dummy1 :=  trymysqlForm1.HostEdit.text+#0;
 host := @dummy1[1];
 dummy2 := trymysqlForm1.UserEdit.text+#0;
 user := @dummy2[1] ;
 dummy3 := trymysqlForm1.PasswdEdit.text+#0;
 passwd := @dummy3[1] ;
 alloc := mysql_init(PMYSQL(@qmysql));
 sock :=  mysql_real_connect(alloc, host, user, passwd, database, 0, nil, 0);
 if sock=Nil then
   begin
     strg :='Couldnt connect to MySQL.'; showstring (strg);
     Strg :='Error was: '+ StrPas(mysql_error(@qmysql)); showstring (strg);
  end
   else
   begin
     trymysqlForm1.statusBar1.simpletext := 'Connected to MySQL';
     strg := 'Now choosing database : ' + database; showstring (strg);
{$ifdef Unix}
     strg :='Mysql_port      : '+ IntToStr(mysql_port); showstring (strg);
     strg :='Mysql_unix_port : ' + StrPas(mysql_unix_port); showstring (strg);
{$endif}
     Strg :='Host info       : ' + StrPas(mysql_get_host_info(sock));
     showstring (strg);
     Strg :='Server info     : ' + StrPas(mysql_stat(sock)); showstring (strg);
     Strg :='Client info     : ' + Strpas(mysql_get_client_info);  showstring (strg);
 
     trymysqlForm1.statusbar1.simpletext := 'Selecting Database ' + DataBase +'...';
 if mysql_select_db(sock,DataBase) < 0 then
 begin
   strg :='Couldnt select database '+ Database; ShowString (strg);
   Strg := mysql_error(sock); ShowString (strg);
 end
 end;
end;

右のテキストボックスはSQL文を入力するものです。終了のセミコロンなしで良いです。 きちんとしたSQL文を入力して、SendQueryボタンを押すとクエリが実行され、ResultMemoの中に結果が表示されます。

SendQueryのイベントハンドラもFPCのテキストモードの時とほとんど同じですが、表示の際に明示的な型変換をおこなうことを除いてという点は、先ほどの例と同じです。

テキストモードのFPCプログラムと違う点は、エラーが検出されたときにプログラムは停止せず、MySQLもクローズされないところです。そのかわり、制御がメインフォームに戻り、コマンドが再発行できるように修正する機会が与えられます。

アプリケーションは最終的に、Exitボタンがクリックされたときに、MySQLをクローズして終了します。 SendQueryは次のようになっています。

procedure TtrymysqlForm1.QueryButtonClick(Sender: TObject);
var
 dumquery, strg: string;
begin
     dumquery := TrymysqlForm1.CommandEdit.text;
     dumquery := dumquery+#0;
     query := @dumquery[1];
     trymysqlForm1.statusbar1.simpletext := 'Executing query : '+ dumQuery +'...';
     strg := 'Executing query : ' + dumQuery; showstring (strg);
     if (mysql_query(sock,Query) < 0) then
     begin
       Strg :='Query failed '+ StrPas(mysql_error(sock)); showstring (strg);
     end
     else
     begin
       recbuf := mysql_store_result(sock);
       if RecBuf=Nil then
       begin
         Strg :='Query returned nil result.'; showstring (strg);
       end
       else
       begin
         strg :='Number of records returned  : ' + IntToStr(mysql_num_rows (recbuf));
         Showstring (strg);
         Strg :='Number of fields per record : ' + IntToStr(mysql_num_fields(recbuf));
         showstring (strg);
         rowbuf := mysql_fetch_row(recbuf);
         while (rowbuf <>nil) do
         begin
              Strg :='(Id: '+ rowbuf[0]+', Name: ' + rowbuf[1]+ ', Email : ' +
               rowbuf[2] +')';
              showstring (strg);
              rowbuf := mysql_fetch_row(recbuf);
         end;
       end;
     end;
end;

プロジェクトを保存して、メニューからRun -> Runを選んでください。

MySQLのソースコードをダウンロードする

全ソースコードは次からダウンロードできます。Sample Source Code

Lazarus と PostGreSQL

これは、Lazarus 0.9.12以降と、PostGresSQLデータベースを、ローカル、リモートの両方でTPQConnectionを使って接続するためのとても短いチュートリアルです。

インストールを正しくおこなったの後で、次のステップをやってみてください。

  • SQLdbタブから、PQConnectionを置く
  • SQLdbタブから、SQLQueryを置く
  • SQLdbタブから、SQLTransactionを置く
  • DataAccessタブから、DataSourceを置く
  • DataControlsタブから、DBGridを置く
  • PQConnectionのプロパティを適切に設定してください。
    • transaction propertyに、SQLTransactionオブジェクトを参照させる。
    • Database name
    • HostName
    • UserName + password
  • SQLTransactionが自動的にPQConnectionを示すように変更されたとこに注意してください。
  • SQLQueryのプロパティを適切に埋めてください。
    • transaction プロパティに適切なオブジェクト
    • database プロパティに適切なオブジェクト
    • SQL (たとえば、'select * from anytable' などとしてください。)
  • DataSourceオブジェクトのDataSetプロパティに、SQLQueryオブジェクトを指定してください。
  • DBGridオブジェクトのDataSourceプロパティにDataSourceオブジェクトを設定してください。

すべてをconnectedとactiveにすると、設計時においても、DBGridに表示がされます。 TDBTextとTDBEditは、私には、ただ値を表示するだけのように見えます。

To change contents in the database, I called the DB Engine direct with the following code: データベースの内容を更新するには、私は次のようにDBエンジンをダイレクトに呼び出します。

 try
   sql:= 'UPDATE table SET setting=1';
   PQDataBase.Connected:=True;
   PQDataBase.ExecuteDirect('Begin Work;');
   PQDataBase.ExecuteDirect(sql);
   PQDataBase.ExecuteDirect('Commit Work;');
   PQDataBase.Connected:=False;
 except
   on E : EDatabaseError do
     MemoLog.Append('DB ERROR:'+sql+chr(13)+chr(10)+E.ClassName+chr(13)+chr(10)+E.Message);
   on E : Exception do
     MemoLog.Append('ERROR:'+sql+chr(13)+chr(10)+E.ClassName+chr(13)+chr(10)+E.Message);
 end;


  • ノート:
    • Lazarus 0.9.12 + PGSQL 8.3.1にて、Windowsでテストしました。
    • Lazarus 0.9.12 and PGSQL 8.0.xで、Linuxでテストしました。


  • インストレーションとエラー:
    • Lazarus 0.9.12のテストバージョン では、"text" と "numeric" の型にバグがあります。
    • 固定長のキャラクタと、intとfloat8では、私は問題なく使えました。
    • 時々Lazarusを再起動することでくだらないエラーを解決できた
    • いくつかのエラーの後で、トランザクションがアクティブのまま残り、手動でデアクティベートしなくてはならなかった。
    • Lazarusによって行われた変更は、もちろん、トランザクションがコミットされるまでは見ることができません。(訳注:他のトランザクションでは、ということ)
    • IDEのデバッガは(少なくともWindowsにおいては)バグがあるようです。時々IDEの外で走らせるとエラーの発生を見つけるのに役立ちます。
    • Linuxでは、特定のエラーメッセージがコンソールに出力されることがあります。--もし、コマンドラインで走らせているなら、時々デバッグに役立つ情報があります。
    • このようなエラーが発生することがあります。: "Can not load Postgresql client. Is it installed (libpq.so) ?"
      • PostgreSQLをインストールした所から、libpq*を探して、パスに加えて下さい。
      • Linuxでは、pathにlibpq.soファイルを、/etc/fpc.cfgの中のライブラリセクションに加えてください。たとえば、次のように:-Fl/usr/local/pgsql/lib
      • Windowsでは、これらのライブラリを、環境変数のパスのどこにでも追加してください。また、プロジェクトディレクトリに加えてもかまいません。
      • 私は、すべてのDLLを自分のパソコンのC:\Program Files\PostgreSQL\8.1\bin などに入れて、パスを通しています。

Lazarus と SQLite

Luiz Américo による

イントロダクション

TSQLLiteDatasetとTSQLLite3DatasetはTDatasetの派生クラスで、2.8.xと3.2.xのSQLLiteデータベースにアクセスします。下記は主な特徴と欠点です。

特徴:

  • 自由度が高い: データベースはシンプルなテーブルレイアウトでも、複雑なSQLを使ってもよいので、プログラマは、SQLを使っても良いし、使わなくても良い。
  • 自動データ更新: SQL文でデータベースを手動でアップデートする必要はありません。1つの命令で更新ができます。
  • 高速: メモリにデータをキャッシュするため、データセットを高速にブラウズします。
  • サーバーインストール、設定が不要:SQLLiteダイナミックライブラリと一緒に配布するだけです。

欠点

  • 外部ファイルを必要とします。(sqlite library)

要求事項

  • sqlite2のためには:
    • fpc 2.0.0
    • Lazarus 0.9.10
    • sqlite runtime library 2.8.15 以上(www.sqlite.orgから)
  • sqlite3のためには:
    • fpc 2.0.2
    • Lazarus 0.9.11 (svn revision 8443 以上)
    • sqlite runtime library 3.2.1 以上 (www.sqlite.orgから)

Lazarusのプロジェクトを作る前に、次の事を確認してください。:

  • SQLLiteライブラリがシステムパスか、実行できるディレクトリにあるかどうか。
  • Linuxでは、cmemを メインプログラムのusesの最初のユニットにしているかどうか

使い方 (基本)

/components/sqlite にあるパッケージをインストールしてください。(ここにその方法があります。) 設計時に下記のプロパティをセットして下さい。

  • FileName: sqliteファイルへのパス[必須]
  • TableName: sql文で使うテーブル名[必須]
  • Sql: SQLのSELECT文 [必要に応じて]

テーブルを作成する(Dataset)

コンポーネントアイコンをダブルクックするか、右マウスボタンのクリックで現れるポップアップメニューで、'Create Table'を選択します。

簡単な説明のあるテーブルエディタが表示されます。

 下記はTSqliteDatasetとTSqlite3Datasetでサポートされているすべてのフィールドの型です。
 Integer
 AutoInc
 String
 Memo
 Bool 
 Float
 Word
 DateTime
 Date
 Time
 LargeInt
 Currency
 

データを取得する

テーブルを生成した後か、以前作ったテーブルで作業する場合、Open手続きでデータセットを開いて下さい。 SQLプロパティがセットしていない場合、すべてのフィールドのすべてのレコードを取得するためには、次のような1文をSQLにセットします。:

 SQL:='Select * from TABLENAME'; 

データファイル上に変更を保存する

ApplyUpdates関数を使うために, データセットは主キーの条件にあうための、少なくとも1つのフィールドを持っていなければなりません。(つまり、ユニークであって、NULLではない、という条件です。)

更新をおこなうために2つの方法が可能です。

  • PrimaryKeyプロパティに主キーになっているフィールド名を指定する。
  • AutoIncフィールドを加える。(これはTSqliteDatasetが自動的にそれを主キーとしてみなすので簡単です。)

もし、2つの条件のうち、1つをセットしたら、次のように呼び出すだけです。

 ApplyUpdates;

追記1: もし、両方の条件がセットされたら、主キーによるフィールドが更新のために使われます。

追記2:フィールドに主キーを設定することは、ApplyUpdateがコールされたときに、主キーによってデータをみつけられなくてはいけません。 ですから、選択されたフィールドは、 Nullを含まないことや、一意であることを確認してください。

注意事項

  • 10000レコードまではテストして、上手く動きますが、TSqliteDatasetはすべてのデータをメモリ上に置くため、必要なデータのみ受け取るようにしてください。(特にMemoフィールドなどに注意).
  • 同じデータファイルに、いくつかのテーブル、データセットを持たせることができます。
  • いくつかのデータセット(違うフィールドの組み合わせの)を同じテーブルから作ることができます。
  • SQLでWHERE文を使ってデータを選別することが可能です。クローズして再オープンする(あるいは、RefechDataメソッドをつかう)ことができます。この場合、並び順やフィールドの数は同じでなくてはなりません。
  • 複数のテーブルからaliasesやjoin,viewsなどを使って複雑なSQL文を使うことが可能です。(しかし、これらは同じデータファイルになくてはなりません。)しかしこの場合、ApplyUpdateは動作しません。もし複雑なクエリをつかって、データファイルに更新を加えたければ私(Luiz Américo)にメールしてください。そうすれば、どういうふうにおこなうか、ヒントをお伝えすることができます。
  • TSqliteDatasetで生成されていない、そして、開いていないsqlite2.xのデータファイルにファイル名を設定するとき、一部のフィールドが正しい型を検出することが、許可されていません。これらは、stringフィールドとして扱われます。

一般的なサンプルが、fpc/fcl/db/sqlite CVSディレクトリにあります。

Luiz Américo pascalive(at)bol(dot)com(dot)br

Lazarus と MSSQL

これはZeoslib (latest cvs)でおこなっています。ページの最後のリンクを見てください。

Lazarus と Interbase / Firebird

Install Packagesを見て下さい。このページにはどのようにIBやFBサーバーと接続するか、最初の小さいサンプルと説明があります。

この作業も最新のZeoslibにあります。

FBLib Firebird ライブラリ

[1] はDelphi/Kylix、FreePascalとLazarusからFirebirdリレーショナルデータベースに直接アクセスする、(DataAwareではない)オープンソースライブラリです。

現在、次のような特徴があります。

  • Firebird 1.0.x 1.5.x Classic SuperServer に直接接続します。
  • マルチプラットホームです。 [Win32,Gnu/Linux,FreeBSD)
  • 自動的にクライアントライブラリを選択します。'fbclient' または 'gds32'
  • パラメータ型クエリのサポート
  • SQL Dialect 1/3をサポート
  • LGPL ライセンス
  • メタデータの抽出
  • シンプルなスクリプトパーサ
  • 実行ファイルは100-150 KB しか増えません。
  • BLOB フィールドをサポートします。
  • HTML SQL Scriptへデータを出力します。
  • サービスマネージャ (backup,restore,gfix...)
  • イベントアラータ

文書はここからダウンロードできます。FBLibのWebサイト.

Lazarus と dBase

Tony Maro

このページも訪れるとよいでしょう。TDbf Tutorial page

FPCはDelphiのTTableコンポーネントとにた機能をもつ、"TDbf"(TDbf Website)と呼ばれる、シンプルなデータベースコンポーネントを含んでいます。 これは、基本的なdBaseファイルの機能の基本的なサブセットをサポートしています。これは、デフォルトではインストールされませんので、最初にすることはLazarusパッケージを"lazarus/components/tdbf" からインストールして、Lazarus IDEをビルドすることです。そうすれば、コンポーネントパレットにTDatasourceの次に現れます。

TDbfコンポーネントは他のデータベースコンポーネントに対して、次のような利点があります。すなわち、どんな種類のランタイムデータベースエンジンも必要としないことです。しかしながら、大きいデータベースをもつアプリケーションには最適ではありません。

これを使うのは非常に簡単です。単に、フォームの上にTDbfをドロップしておいてください。ランタイムパスにデータベースファイルを置く場所を指定します。テーブル名をセットします。そして、TDatasourceコンポーネントにリンクします。

しかしながら、もうちょっと努力して本格的な機能が求められます。テーブルがすでに存在しない場合、テーブルデザイナに相当するものがなければ(私はしりませんが)、プログラムからそれをつくる必要があります。

存在しないテーブルを開こうとすると、エラーが生成されます。テーブルはプログラムから、ランタイムパスとテーブル名をセットしたコンポーネントを通して、作ることができます。

たとえば、あなたのDVDコレクションを記録するために"dvds"というテーブルを作る場合、フォームにTDbfコンポーネントをドロップして、ランタイムパスと"dvds"と名づけたテーブル名を設定してください

結果ファイルは"dvds.dbf"となります。

コードでおこなう場合次のようなコードを入れてください。

   Dbf1.FilePathFull := '/path/to/my/database';
   Dbf1.TableName := 'dvds';
   With Dbf1.FieldDefs do begin
       Add('Name', ftString, 80, True);
       Add('Description', ftMemo, 0, False);
       Add('Rating', ftString, 5, False);
   end;
   Dbf1.CreateTable;

このプログラムを走らせると、あなた用のDVDコレクションテーブルが作られます。その後、すべてのdata awareコンポーネントがTDatasourceを通してリンクされ、データに簡単にアクセスできるようになります。

インデックスを付加することは、典型的なTTableとはちょっと異なっています。データベースは開いていなくてはなりません。インデックスをリビルドするのと同じメソッドを使います。

例えば:

   Dbf1.Exclusive := True;
   Dbf1.Open;
   Dbf1.AddIndex('dvdsname','Name',[ixPrimary, ixUnique, ixCaseInsensitive]);
   Dbf1.AddIndex('rating.ndx', 'Rating', [ixCaseInsensitive]);
   Dbf1.Close;

最初のインデックス(プライマリインデックス)は、"dvdname.mdx"というファイルにはいっており、2番目のインデックスは、"rating.ndx"というファイルにはいっています。複数のテーブルがあるデータベースでは、同じファイル名を使わないよう注意を払ってください。

今後、もっと詳細な例を作りたいと思っています。願わくば、昔Delphiに馴染んだ方々に立ち上がっていただき、Lazarusでデータベースのプログラムを作るきっかけになってほしいと思っています。

関連のある記事

https://trac.synsport.com:8000/index.php/pdo/wiki (username/password is guest/guest)

Contributors and Changes

This page has been converted from the epikwiki version.